8c2aab55.jpg

PR大使の浅野です。ある日、正確には「台風で突然の豪雨と晴れ間を短時間で繰り返す日」に、
上野で開催中の「海のハンター展」に行ってきました。開催ひと月で来場者10万人、その翌月には
20万人突破と大人気だそうで、こういう日ならきっと空いているのではと…。
27010713.jpg

ちょうど雨が上がった時間帯を狙って上野へ!
77d48370.jpg

2985a480.jpg

(撮影協力:国立科学博物館)
上野公園(正確には「上野恩賜公園」)は上野駅の改札出て目の前にあり、とても便利です。
動物園にしか行ったことがなかったですが、あらためてじっくり歩くと、複数の美術館や博物館
などさまざまな文化施設があるんですね!駅前とは思えない広大な場所です!
3ae1ecda.jpg

9e164d27.jpg

(撮影協力:国立科学博物館)
「海のハンター展」
(7/8金〜10/2日)が開催されているのはこちら、国立科学博物館です。
1877年(明治10年)創立、歴史ある外観です。

fe20cd36.jpg

(撮影協力:国立科学博物館)
海のハンター展は期間限定の特別展なので、特別展入り口からチケットを買って入ります。
横にある控えめなエントランスなので、ちょっと気をゆるめていたら・・・
cca4b008.jpg

ea46863e.jpg

a293c746.jpg

わー!いきなり巨大なレプリカがどんどんどん!大迫力です!
3567e0b9.jpg

右端はサメではなく、サメの先祖のカルカロドン・メガロドン。12.5mという世界最大級
の復元模型だそうで。
a4383ec1.jpg

0b6f232b.jpg

歯の化石を元にした、カルカロドン・メガロドンのアゴの模型。
この模型がいかに大きいか、わかっていただけますでしょうか?
f8264e92.jpg

すごい悪天候の日(しかも夏休み終了後の平日)だったのに、カップル、親子連れ、学生さん、
中高年女性のグループなど、幅広い年齢層の来場者であふれていてびっくりでしたが、
いきなりこの迫力、たしかに人気が出るだろうなと納得!
3a1e84e0.jpg

今回の海のハンター展、海を「浅海」「外洋」「深海」「極域」に分けて、そこに棲む魚たちと
食物連鎖の仕組みをわかりやすく紹介しています。
8f3b055a.jpg

マダイやアンコウなど小さな魚(の骨)の展示、
f1b38ddd.jpg

浅海のサメ、
bcc010ed.jpg

外洋のサメ。サメってこんなに種類がいるんだと驚き・・・
bcec81a7.jpg

アナゴに、
25a71d5b.jpg

外洋の生き物たち。クロマグロと、魚を捕獲して生きている海鳥(うみどり)も海の生き物
なのですよね。
65a74fac.jpg

充実の展示に、賑わう会場内。
8f5fd581.jpg

そして「極域」コーナー。極寒の地域に住む海の生き物たち!
すごいなあ、魚だけじゃないんだなあ。
6f499b5c.jpg

ミナミゾウアザラシ、顔はユニークでしたが(バナナマンの日村・・・?)、
体長5メートルの巨大な剥製で大迫力でした!
0867a18b.jpg

さらに、今回の展示の最大の見どころコーナーは、会場の奥・・・
一番奥中央の、光り輝くボックスの中にあります!
330713ae.jpg

これ!(右横)
3cf5f2d2.jpg

全長3.2メートルの、ホホジロザメの成魚の「全身液浸標本」。2014年、漁の延縄にかかって
死んでいた個体を標本にしたもの・・・体の大きさもびっくりなうえ、鋭い歯は恐怖!
e7edb29f.jpg

次のコーナーでは、サメとは違う「小さいが毒を持って攻撃する魚」、オコゼやフグ、のはく製も。
でもホホジロザメの後では癒し・・・(^^;
IMG_1182
そして最後に、私たち「海のエコラベル」MSC認証が提唱しているのと同じメッセージが。
「最強の海のハンター」である人間は、海の未来を考えなければならない存在。海からの恵みを
持続的に活用していくためにはどうしたらいいか、
考えるコーナーが登場。

f5c65b99.jpg

「世界の水産資源の状況」
の図。 水産資源の9割が「過剰に漁獲されているか、資源が枯渇
している」もしくは「持続利用可能な上限ぎりぎりまで利用されており、これ以上の増産の
余地がない」
状況に追い込まれている。 
66bb05ce.jpg

「海を守る」ことの大事さを訴えるメッセージ、こうして最後に添えてありました。
楽しい展示をずっと見てきて、さまざまな生き物が自由に活動する海の世界を堪能し、最後に
このメッセージはずしっと胸に響きます。多くの来場者の方に、未来の海まで考えるきっかけを
持ってもらったらすごく嬉しいと思いました。
c209c091.jpg

08b45ea9.jpg

「海のハンター展」は特別展示ですが、隣の常設展も同じ入場券でそのまま入れます。
ビッグバンから始まる地球の歴史や生物全般が見られる展示(
地球館)や、
4c079a18.jpg

日本人の歴史や文化・科学の発達がリアルな模型で楽しめる日本館もすごく面白いので、
ぜひ行ってみてください!大人の方だけでぶらりと遊びに行くのも楽しいです。 



「海のハンター展」国立科学博物館(〜10月2日まで開催中/9月20日のみ休)
午前9時〜午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
大人1600円

公式サイトhttp://umi.exhn.jp/

                   
より詳しい内容は、下記へお問い合わせください。
MSC日本事務所サイト:http://www.msc.org/
Facebook: https://www.facebook.com/MSCJapan 

東京都中央区日本橋兜町9-15 日本橋住信ビル3階
03-5623-2846
japan@msc.org 
                   
MSC日本事務所のFBページに「いいね!」をお願いします。 
https://www.facebook.com/MSCJapan 
FB